スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Maker Faire Tokyo 2012 出展決定!


20120916_01_MFT2012.jpg
Maker Faire Tokyo 2012開催決定! http://makezine.jp/

昨年までMake: Tokyo Meetingとしてオライリーが主催していたイベントがMaker Faire Tokyoと名前を変えて今年も行われます。場所が東京工業大学大岡山キャンパスから、お台場の日本科学未来館に移りました。

日時:2012年12月1日(土)12:00~17:00、2日(日)10:00~17:00(予定)
会場:日本科学未来館 展示企画ゾーン(1階)ほか
東京都江東区青海2-3-6
入場料:
前売:大人 1,000 円、18歳以下 500円
当日:大人 1,500 円、18歳以下 700円
小学校未就学者は無料

もちろん今年も出展予定。MTM07の規模を2倍にして、新しい出展物を予定しています。

20120916_03.jpg
MTM07の展示物

MTM07で展示したバーグラフニキシー管オーディオスペアナも持って行きます。
MTMで使ったペリカンケースをもう一台用意して、超巨大ニキシー管時計を作る予定です。自称世界最大サイズ!!


20120916_02.jpg
JAXAカウントダウンクロック

今回特に気合い入れて作ってるのが、カウントダウンクロックです。
ニキシー管を使ったロケット打ち上げのカウントダウン装置が、JAXAの種子島宇宙センターにある竹崎展望台のプレスセンターで今も使われています。プレスセンターなので一般人が見ることはないのですが、宇宙クラスタにはおなじみのようで、大型ロケットの打ち上げ取材を行う記者の方が、よく写真を掲載してます。




実機は岡谷電機製造のCD27というニキシー管を使用していると思われます。トップビュータイプでは規格上最大の直径72mmで、文字の高さが54mmあります。ニキシー管の直径から装置全体の寸法を割り出したところ、幅805mm、高さ300mmと出ました。

見た目が一番近いニキシー管ということで、ロシア製ニキシー管IN-4を採用します。外観をなるべく近づけて、バランスが崩れないギリギリのサイズは1/2.73スケールなので、レプリカモデルは幅295mm、高さ110mmで決定。

写真はPicasaに専用のアルバムを作りましたので、Twitterと一緒に追いかけて頂ければ。
Picasa写真アルバム:JAXAカウントダウンクロック

会場限定で販売するかも・・・。乞うご期待。

スポンサーサイト

GPS搭載ニキシー管時計完成

20120717_01.jpg

3月18日の出品を最後にして、GPSを搭載したニキシー管時計の開発を進めていました。ようやくプログラムの作成と、回路の評価が終わったので、これから製造に移ります。


20120717_02.jpg

正面から見ると変わりありませんが、後ろの基板にはGPSモジュールが搭載されています。
以前との細かい違いは次の通り。

 1.上下の基板をつなぐネジ穴を追加
 2.セラミックコンデンサをフィルムコンデンサに変更
 3.内蔵するGPSと外部入力を切り替える回路を追加


20120717_03.jpg

PCの制御ソフトもGPSに対応しました。
 1.GPS入力の切り替え
 2.内蔵GPSモジュールの電源ON/OFF
 3.自動でGPSの時刻を同期させる時刻の設定
 4.GPS時刻との手動同期

------------------------------------------------------------------------

日本製ニキシー管 日立CD-81の在庫は残り僅かです。保守分を残してロシア製に変更になります。
確実に購入したい場合は、下記のURLよりメールでお問い合わせください。
(ページ一番下のsupportから始まるメールアドレスです)
卓上ニキシー管時計サポートページ

JETPCBとP板.com

久しぶりの投稿です。
この1年でいろいろありましたが、バーグラフニキシー管オーディオスペクトルアナライザの展示は一先ずの成功を収め、卓上ニキシー管時計も10台程度旅立っていきました。

■ JETPCBから卓上ニキシー管時計revC基板が届いた件について。
基本的なスペックは変わりありませんが、今回新たにGPSモジュールを乗せました。昇圧回路のノイズでGPSの受信は厳しいと予想していたのですが、実験してみると意外と平気です。これからコーディングに入って、6月中頃にはリリースする予定でいます。

■ JETPCBとは
台湾の基板製造メーカーJETPCBは、この2年の間に随分と知られるようになりました。個人が発注出来る基板製造メーカーで、中国のPCBCARTやFusionPCBと並んで、趣味エンジニアや個人事業主には大変ありがたい会社の一つです。

JETPCBの特徴
1.ユーザーサポートが日本語対応。
2.品質はトップクラス(個人を相手にしてくれる現実的な海外メーカー)
3.短納期

ただし、他の海外メーカーの中では一番コストが高いです。それを差し引いても品質は大変良く、PCBCARTやFusionPCBで起きうる製造上の問題を聞くことがありません。なにより対応が日本語であること。これが一番のメリットで、カタコトでなく、完璧な日本語でメールのやりとりができます。(本当は日本人ではないかと噂になる程度に完璧なビジネスメールが返ってきます)支払い方法に難がある点や、最低製造単価が高いことを除けば完璧です。

■ JETPCBとP板.com
さて、そんなJETPCBを私が使い始めたのは、今から2年前の2010年5月。@pcbcatさんから紹介してもらいました。その際に、「JETPCBてもしかするとP板の工場かも?」という話を聞いています。P板の工場停止とJETPCBの停止が重なるという理由からです。当時は特に証拠もなく、そうだったら面白いね程度の話でした。

P板.comといえば、"プリント基板のネット通販国内シェアNo1"の通販サイトですね。国内で現実的な価格で個人の基板製造を受けてくれるのはP板ぐらいです。学校法人との取引も可能で、とてもありがたい存在です。そして、製造する工場を、中国・韓国・台湾、の三つから選べて、それぞれ価格と納期と品質が変わるという不思議な業者です。

ところで工場といえばISOやULといった製造品質保証の認証がつきものです。認定工場は専用のUL番号が割り当てられるので、番号から製造工場を特定することもできます。製造物にはUL番号か専用トレードマークが印刷されたりします。

そして現在、P板の製造工場案内をご覧ください。2年前には無かったページです。
【プリント基板製造サービス】製造工場案内

台湾工場のULファイル番号に注目。"ULファイルNo:E248803"
ULのWebページから検索すると、このような結果が得られます→ ZPMV2.E248803

会社は[SHING TECH ELECTRONICS CO LTD]で、トレードマークは[SW]であることがわかります。

JETPCBで注文したことがある人は、クレジットカードの支払い用紙に書いてある会社名、もしくはインボイスの送り主の会社名を確認してみましょう。そうです、SHING TECHという会社なんですね。JETPCBに直接確認を取ってみたところ、製造工場のUL番号はE248803であることを教えてもらいました。本日届いた基板に印刷されたマークもこの通り。

20120523_01_SW.jpg

つまり、P板の台湾工場というのはJETPCBなんですね。2年越しの疑問が晴れた瞬間でした。
価格などは無登録でも出来る見積もり結果を比べてみてください。

卓上ニキシー管時計出品のお知らせと、現在製作中の展示品


【設計一新!】 卓上ニキシー管時計 完成品 (日立CD-81仕様)
写真のアルバムはこちら

もうしばらくは出品しますが、9月に入ると本業が忙しくなるので滞るかもしれません。
時計にばかり時間をかける訳にもいかないので、そのうち学生アルバイトを募集します。
品質にクリティカルな部分は私が責任もってやるほかありませんが、組み上げですとか製品検査など、簡単なのに時間がかかる部分を手伝ってもらいたいです。(高崎線でサクッと家に来られる人限定)

10月を目標に新しい作品を製作中です。
去年のMake:Tokyo Meetingで展示した、33chバーグラフニキシー管オーディオメーターを112chに増やします。
次のMTMの日時も場所も決まっていないので展示場所がなくて困っているのですが、東工大の学園祭が10月22日(土)23日(日)にあるので、持って行くかもしれません。


20110728_02_nixiebaraudio.jpg
バーグラフニキシー管「IN-13」を33本使用したオーディオメーター(YouTube)


---ニキシー管時計情報---
公開写真のギャラリーはこちら

日本製ニキシー管 日立CD-81の在庫がほとんどないので、保守分を残してロシア製に変更になります。
確実に購入したい場合は、下記のURLよりメールでお問い合わせください。
(ページ一番下のsupportから始まるメールアドレスです)
卓上ニキシー管時計サポートページ

ニキシー管時計出品中!

20110718_01_27_a_front.jpg

【設計一新!】 卓上ニキシー管時計 完成品 (日立CD-81仕様)


ブログには書いていませんでしたが、卓上ニキシー管時計を出品しています。
日本製ニキシー管 日立CD-81の在庫がほとんどないので、保守分を残してロシア製に変更になります。
確実に購入したい場合は、下記のURLよりメールでお問い合わせください。
(ページ一番下のsupportから始まるメールアドレスです)
卓上ニキシー管時計サポートページ

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
なかのひと
なかのひと
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。