スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

dsPICの開発環境構築

blog_20080915-1.jpg

ゆな研の本来の目的は、電子工作関連の記事を書くことのはず。
それらしいことを書かないと、そろそろ見限られそうなので、これからは電子工作関連の記事も追加して行きます。

写真は、dsPICの開発ベースを組んだところ。ブレッドボード上に「dsPIC 30F4012」と発振器、キャラクタ表示液晶をつないでいます。いずれも秋月で購入することができます。

発振器は多出力クリスタルオシレータ20MHzを分周比1/2で、10MHzを入力。これをdsPIC内部のPLLで8逓倍して80MHzとします。ちなみに、dsPICは最大120MHzで動作します。
キャラクタ表示液晶は、デジットで販売されているバックライト付20文字4行のもの。各信号線は耐熱電子ワイヤで延長して、QIコネクタ雄ピンを取り付けています。

液晶は秋月で1700円で販売されているものとコンパチブル。デジットでは1200円ぐらいで山積みされていた。型番はL2034で、GREという会社がセイコーインスツル(株)より事業譲渡を受けて生産しているものらしい。データシートはこちら。


blog_20080915-3.jpg

左上の回路は、ニキシー管時計で使用している高電圧DCDCコンバータの試作回路です。ニキシースペクトルアナライザの実験に使うため、バラさず残しています。

dsPICといえば、16bitPICシリーズの最新機種です。トランジスタ技術の2007年8月号で基板が付録されていましたので、ご存じの方も多いでしょう。目玉はDSPエンジンで [a = b * c] といった、いわゆる積和演算を、1クロックで処理することができます。 ただし、従来のPICと同じく通常命令は1命令4クロック必要です。

DSPの何がうれしいかといえば、音声信号などをディジタルで処理きること。従来アナログ回路でローパスフィルタやバンドパスフィルタを作っていたものを、ディジタル演算によって実現します。
今回は、音声信号をFFT(高速フーリエ変換)によって周波数スペクトルを計算し、ニキシーバーグラフ管を使って振幅を表示させます。間に合えば、ニコニコ技術部東海勉強会(N2M)に持って行きたいですね。


blog_20080915-2.jpg

開発環境を構築するにあたって、マイクロチップ社純正のPICライター(PICkit2)を購入しました。秋月の新製品で、価格は4000円(安い!)。こちらも同じくQIコネクタで延長して、ブレッドボードに刺しています。

PICkit2がdsPICに対応したことと、Cコンパイラが無償で使用できるようになったので、容易に開発環境を整えることができます。また、従来のJDMプログラマのように、RS232Cのシリアルポートを要求しないのでノートPCでも使用可能です。さらに、本当にUSBで通信(シリアル変換でなく)しているので書き込みが超高速。5秒程度で書き込みを終えることができます。4000円でこれならば、買って損はありません!(回し者じゃないよ)

PICkit2の詳細については、こちらのページに詳しく書いてあります。


そういえば、卓上ニキシー管時計のオークションが終了しました。落札価格は31,500円。
先日の記事にもありましたように、総アクセス回数は20640回で、通常時の20倍ものアクセスを記録しました。いったいどこで晒されたらこうなるのでしょうか?不思議でなりません。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

参加者です

はじめまして。
ニキシー管時計はオークションで偶然見かけ、ずっと気になっていたのですが、今回の分はUSBで駆動できるとあって、入札に参加させていただきました^^
残念ながら落とせそうになかったので今回は諦めましたが、次回また参加するつもりです。

それにしても毎回機能UPしていてすごいですね。市販品でニキシー管時計やキットはありますが、ゆなさんのニキシー管時計にはかないませんね。

次回の出品を心待ちにしています。

hoseさんへのお返事

hoseさん
オークションをご覧いただきありがとうございます。入札に参加していただいたとのことで、重ね重ねお礼申し上げます。

どうにも、一度凝りだすととまらない性格で、いつの間にか追加追加で機能満載になってしまいました。

ニキシー管時計の出品については、今私の隣でポンコツCNCフライスが黒檀を削りだしているところです。どうにも不調で、しばらく時間がかかりそうです。週末には出品いたしますので、よろしくお願いします。

picかぁ

PICからは最近遠のいてしまってます^^;
最近はもっぱらAVRかH8かというところ。

dcPICも興味はあるんですが、使い道がないんで手を出さずじまい…
そんな感じでいろんなマイコンがごろごろパーツ箱に転がってます^^;
SHtinyとかも買ってみたけど用途なしで未開封のままorz

300円液晶をAVRだけで動画表示したいんだよなぁ。
ということで、現在いろいろ勉強中だったりしますw

strvさんへの返事

strvさん。どうもです。

高校時代に、授業で使っていたのがPICで、それ以来PIC信者になってしまいましたw AVRの方が速いことはわかっているのですが、なれた環境から離れるのはそう簡単にはいきませんねw

当時は、ユニバーサル基板やらプリント基板やらでJDMプログラマ(書き込み器)を作ってました。肝心の「PICで何をしたか」については、記憶にないんですよねw。いわゆる、得意分野は書き込み器、なんて状況でした。

マイコンカーラリーに出場していたこともあって、アプリケーションはほとんどH8で組んでいました。当時はあまりにも未熟者で、どこに力を入れて開発すればいいか、なんてことをまったく考えていませんでしたね。今となっては実に無駄なことばかりに時間を使っていたような気がします。ただ、そのお陰もあって、今では寝ても覚めても電子回路のことばかり考えていますがw

ご存知でしょうが、dsPICで300円液晶を動かしている人がnaruさんところのBBSで報告してくれていましたね。30MIPSもあれば十分なのでしょう。

積みゲー、積み本ならぬ、積み部品が部屋中に転がっていて、いつの間にか生活空間を圧迫するほどに…。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
なかのひと
なかのひと
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。