スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近況報告 ニキシー管時計の設計進捗 2011/05/22

次期ニキシー管時計の開発状況メモ

今日一日殆ど無駄なデバッグをすることに.
事の発端は,普段ICDでRun/Haltしながら開発している所を,スタンドアロンで動かすと上手く動かないことでした.

一見するとダイナミック点灯制御の割り込みが止まっているような雰囲気だったので,そこを中心にデバッグしていたのですが,動いたり動かなかったりと不安定な挙動を繰り返していました.以前はそんなことが無かったので,細かな修正で何らかのバグを仕込んだかと思ったのです.

でまあ,結論は電源の電圧降下だったわけですが,その原因というのが低品質なUSBケーブルにあったのです.素性の分からないアヤシイUSBケーブルを使ったことで,電源電圧が600mVほど低下していました.PICの動作限界電圧の付近でフラフラしていたのが不安定の原因です.

デバッグ始める前に,最低限のチェックポイントとして電源や接続をチェックするのが近道なのですが,今まで動いていたという思い込みがあって見逃していました.これを防ぐなら作業環境の標準化です.使用機材の固定や電圧記録,チェックリストの整備を日頃から習慣にしておけばある程度は防げそうです.この問題に気がつかなければ,出荷後に大量の不良を出すことになっていたかも知れません.あなおそろしや.

写真撮影モードと,USB経由の手動時刻設定機能が追加されました.
特に写真撮影モードは長時間露光で撮影する綺麗写真に必須の機能です.


■ニキシー管時計側の開発状況

★ニキシー管時計ファームウェア
<----終わったこと---->
1.実装した部品の機能テスト
2.ダイナミック点灯制御
3.クロスフェードエフェクト
4.RTCから時刻を読んで起動時に同期する.
5.RTCの1pps信号に同期して,時刻を刻む.
6.USB時刻同期機能
7.クロスフェードエフェクト設定機能
8.輝度調整機能
9.ディマー機能
10.コロン設定機能
11.12時間24時間表記切替機能
12.起動時にEEPROMから設定値を読出しセットする機能
16.USB経由ファームウェアアップデート機能(ブートローダ)
13.パラメータのリードバック機能
14.点灯時間累積機能
15.RTC温度計測機能
17.背面スイッチで操作設定機能
18.写真撮影モード
22.時刻手動設定機能
<----まだ,これから---->
19.EEPROMダンプ機能
20.リビジョン管理機能
21.出荷検査機能

★設定ソフトウェア
<----終わったこと---->
1.ユーザーインターフェースドラフト版作成
2.接続状態監視機能
3.ディマー設定用環境光センサー値のリアルタイム表示
4.時刻同期機能
5.クロスフェードエフェクト設定機能
6.輝度設定機能
7.ディマー値設定機能
8.コロン設定機能
9.12時間24時間表記切替機能
17.ボタン類色・有効無効設定
10.点灯時間累積リアルタイム表示
11.RTC温度リアルタイム表示
12.写真撮影モード
17.時刻手動設定機能
<----まだ,これから---->
13.EEPROMダンプ機能
14.リビジョン読出し機能
15.出荷検査機能
16.ユーザーインターフェース微調整
スポンサーサイト
カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
なかのひと
なかのひと
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。