スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Make:Tokyo Meeting 2 (MTM2)無事終了! レポートその3

大変遅くなりましたが、MTM2のレポート最終日です。
せっかくの書いた原稿がFC2のシステムの不備で飛んでしまい意気消沈でしたが、新しいキーボードとマウスを買ってやる気が出たので再会します。その話はまた後日・・・。


Make: Tokyo Meeting 2 レポートは3日間かけて掲載します。
・MTM2 レポートその1はこちら
・MTM2 レポートその2はこちら




17時58分頃、終了2分前の写真。 なのに、技術部前は相変わらず賑わっている。

Make: Tokyo Meeting 2に出展したグループは60組。ニコニコ技術部はその中の二つに過ぎません。
今日は、ニコニコ技術部を離れて、それ以外の展示物を紹介します。



blog_20081114-9.jpg
井上泰一氏 「雪風」

オーディオ信号のスペクトルを、パウダービーズの吹き上げ高さで表現した作品。16本分の電動ファンと白色LEDを配置して、それぞれのスペクトルを区別している。
MTM1に出展されていて、一度は見てみたいと思っていた作品の一つです。実物を見ると、想像していたよりもコンパクト。粒子の上昇と下降の時間が絶妙で、スキー場で見る降雪のようでした。

惜しくは、パウダービーズとアクリルケースが帯電していたのか、一部が壁に貼り付いて動かない物があること。イオナイザか帯電防止塗料で防げるかも?



blog_20081114-8.jpg
「GAME BOYa」

ゲームボーヤです。
OLED(有機EL)ディスプレイを使った携帯ゲーム機だそうです。解像度は160×128。
視野角はほぼ180度で、斜めから写真を撮っても問題なく見えます。



blog_20081114-2.jpg
管野創氏、西郷憲一郎氏 「Jamming Gear」

コンセプトは「視覚的に音楽を作り出して遊ぶ」
歯車の組み合わせと、その回転速度に応じて音を合成します。

それぞれの音は単調ですが、歯車の組み方次第でより複雑な音楽を作り出します。
歯車空けられたハニカム構造の穴は全て同じで、これを利用すると回転軸を偏芯させることも出来ます。また、一つの軸に2枚まで取り付け可能です。

それぞれの軸は適度な重量があり、安定感は抜群です。接続はUSBで、音はノートPCが合成しているようです。材質はジュラコンでしょうか。歯車はフライス加工かと思いきや、3Dプリンタを利用した樹脂積層加工だそうです。

全体の統一感といい、安定感といい、非常に高いクオリティでまとまっていました。



blog_20081114-1.jpg
伊藤技術研究所 「全加算機物理モデル Ver.1.0」

半導体を一切使用しない全加算機です。
電気信号をボールで置き換えて、計算過程を視覚化させています。

かつて、半導体がなかった時代。自動計算機と言えば、リレーを数千個使ったリレー式計算機が主流でした。半導体の登場で、あっという間に駆逐されてしまいましたが、スイッチのON・OFFでディジタル信号を表すのは今も昔も変わりません。(初めての半導体式電子計算機には、ニキシー管を表示器として使っていた。)

結構子供が興味を示していました。
いまや、何でもかんでも半導体。中身はブラックボックスで、入力と結果だけが用意されています。電卓の中身はどうなっているのか、といった素朴な疑問をもって欲しい。このような見える機械で興味を持ってくれるといいですね。


blog_20081114-6.jpg
チームさがみ 「ミンロボ」

さまざまな筐体に、テルミンの機能を持たせた作品達。
ロシア人形のマトリョーシを使った、カマトリョミンなどなど。

ニコニコ技術部のミクテルミンは、この作品に感化されて作った見たとか。



blog_20081114-10.jpg
AZAMI氏 「バーチャル稲荷大社」

京都の伏見稲荷大社にある千本鳥居を手軽に体験できる作品。模型の電車にワイヤレスカメラを搭載して、鳥居の中をくぐり抜ける。無限ループってk(ry
鳥居は写真で見ると56本あるので、都合18回廻れば1000本に届くわけだ。

注目すべきは、サーセン箱・・・いや、賽銭箱。どういう訳か、覗いてみると結構入っていた。
ニコニコ技術部のゆっくりれいむの前にも設置しておけば・・・。


blog_20081114-3.jpg
乙幡啓子氏 「サーモグラフィ・セーター」

人体をサーモグラフィカメラで撮影し、その温度分布を参考にして編み上げたそうです。鮮やかな外見とセーターそのものの機能が合わさり、より暖かいはず。



blog_20081114-4.jpg
iimio氏 「デジグロ」

会場内を歩き回っていて、ふと目を向けてみると、とんでもない物が置いてあった。PCケースの中にあるそれは、生きた心臓のようにゆっくり鼓動している。左を見るとパソコンのディスプレイがあり、ムービープレイヤが表示されていた。
私はまさかと思い、そのソフトウェアをドラッグしてグリグリ動かしてみた。すると、臓物は大きく膨らみ、先ほどよりも早く鼓動し始めた。
「これは、ひどいww」

作者に「これはいったい・・・?」と聞いてみると、「モーターとエアポンプで動いているんですよw」と笑顔で答えてくれた。そして、こんな物もあるんです、と机の下に置かれた生々しい心臓模型を取り上げてくれた。


blog_20081114-5.jpg

心臓には長いケーブルが繋がっており、そのケーブル自体も太い血管のように装飾されていた。作者は心臓を地面に置き、ケーブルの一端を私に差し出した。
「ここに指を通してください」
そう言われた私は、素直に指を通す。すると地面に置いた心臓が、私の心臓の鼓動に合わせてドックンドックン自走し始めた。・・・思わず感動した。こういうの大好き。

一言、「この発想はなかった。」

と、まあこんなところです。自由な発想を形にすることの出来る人って素晴らしい。
作者のWebページはこちら
心臓の正式名称は「external_heart」だそうな。自走式心臓の他にも、アーティスティックな作品を作っているようです。その中でも「elastic_cell」という作品は、平成19年度の文化庁メディア芸術祭で 審査委員会推薦作品に選ばれたそうです。・・・すげえ!



blog_20081114-7.jpg
Make日本語版の本に掲載されている作品を実際に作ってみたモノたち。

おや、後に・・・。



載せられる写真はこれだけです。特に気になったモノを選りすぐりで紹介しました。
全部紹介したいのですが、編集が大変なので却下。紹介しきれなかった人はごめんなさい。


■当日の行動
7日夜、仕事終わって帰宅して2時間後に家を出て、JRの高速バスに飛び乗り横浜を目指す。バス狭!
5時40分頃、バスが町田駅に到着し、橋本駅を目指す。ミスドで1万円分のドーナツを買うことになっていたので、店が開店するまで1時間ほどマクドで時間をつぶす。朝マックしながら、プログラムをいじいじ(これが後に大惨事を引き起こす)
7時半にミスドでドーナツ買って、tapさんに車で迎えに来てもらう。
多摩美術大学に移動。誰もいない会場で、tapさんといそいそと準備を進める。ネギ振り班のブツは設置済みに驚いた。
わらわらとメンバー到着。全員準備が出来たところで、件のdsPIC昇天事故発生。(てめえのせいだ)結局直らず、開き直ることにする。
開催期間中は、ほとんどをブースの中で過ごす。たまに出かけて展示物の写真だけ撮る撮る撮る。ああ、プラネタリウム見たかったなあ。
夕方18時終幕。驚異の撤収速度で、ブースを片付ける。よく訓練された技術部員達は早いぜ。誰か傘を忘れただろう。その油断が命取りにn(ry
19時ごろ橋本駅に到着。打ち上げは20時から。1時間の余った時間をつぶすため、一部の技術部員達(5名)とミスドに入る。20時前に店へ移動。打ち上げに参加する部員達(7名?)で入店。二手に分かれる。22時頃、尻Pと超電磁Pと私は店を出る。町田駅23時過ぎのJR高速バスで大阪へ。アルコールが入っていたためか、乗車後、携帯のマナーモードもリクライニングも忘れて、一瞬で眠りに落ちる。気づいたら朝でした。以上
結論、0泊3日はきついッス。

■余談。
打ち上げで同席された某おもちゃメーカのなかのひとのお話。
子供向けフィギュアの腕が、逆V字に広がってるのは、飲み込んでも気道を塞がないためためらしい。へ~、勉強になる。そのほか、誰も考えもしない予想を遥かに上回る安全基準で設計されているんだとか。

野尻先生のニコニコ技術部で人工衛星飛ばそう、との提案。宇宙でネギ振ってみたとか。そういう、誰でも宇宙を目指せる!という土壌を作るべきというお話。実に楽しそうじゃあないですか。野尻先生のSF小説を買えるだけ集めて読んでいると、その現実味に宇宙への興味を抱き始めたところです。それほど縁遠い話じゃないのかもしれません。


■謝辞
さて、今回内輪だけでない大規模なイベントに参加させていただいたわけですが、改めて謝辞を述べさせていただきます。
主催の株式会社オライリー・ジャパン様、ならびに関係者スタッフの皆様。このような場を設けていただき、誠にありがとうございました。多摩美術大学様には日本のものづくり、Maker達に深い理解と、大規模な会場を提供していただきました。
ニコニコ技術部の皆様方においては、日頃からお世話になっております。ドーナツとコーヒー、おいしかったです。出資していただいた野尻先生、どでかいコーヒーメーカーを持参してくれたアルテラマスターP、朝の早くから迎えに来てくださったtapさん、現場で協力していただいた方々へ、格別の感謝を。
そして、ご来場いただいた方々に、ものづくりの楽しさが伝われば幸いです。

yuna_digick




ニキシー管時計出品しました。日立製 CD-81 最後の在庫です。会場はこちら。
終了日時は11月30日(日) 22時 23分
スポンサーサイト

Make:Tokyo Meeting 2 (MTM2)無事終了! レポートその2

レポートは3日かけて掲載します。レポートその1はこちら




16時30分頃の写真。まだまだ冷める様子はありません。

今日は、Make:Tokyo Meeting 2 (MTM2) に参加したニコニコ技術部ネギ振り班を紹介します。

絵が描けて音楽も作れる不在通知Pが率いるネギ振り班は次の通り。
101匹はちゅねで有名な超電磁P、「NEGIBATAKE」プロジェクトの撮影できますP、200ミクロンはちゅねで小型化戦争を戦ったフリスクP、立体造形のはちゅねに動力を内蔵して動かした早坂千尋氏、初音ミクテルミンのksasao氏、そして、野尻先生(尻P)もネギ振り班に出展しています。
その他の委託品も展示されていました。


blog_20081110-15.jpg
奏~かなで~を利用した作品たち。(一部)

奏~かなで~は不在通知Pが開発したマイコンボードです。MIDI信号を入力して、その音程に応じた制御信号を出力します。不在通知Pは電動歯ブラシのモーターを奏~かなで~で制御して音楽を演奏していました。
歯ブラシよりも、それを持っているキャラクターの方が気にn(ry

そのほか、akira_you氏委託のorzノッカーや野尻先生のドラムボット:鼓リズム、超電磁Pの101匹はちゅねが奏~かなで~を利用しています。



blog_20081110-14.jpg
野尻先生のドラムボット:鼓リズム。あれ?ネギじゃないや。

サーボとソレノイドで、ドラムセットを打ち鳴らします。展示物の中で、最も派手な大きな音を発していました。全体の完成度が高く、素晴らしく良くできた作品です。ドラムセットはどのようにして用意したのでしょうか?



blog_20081110-7.jpg
超電磁Pの101匹はちゅね。ニコニコ動画ランキング上位に掲載された有名な作品です。

はちゅね小型化戦争に疑問を投げかけ、インテリアとして成立しない現状を憂いた超電磁Pが、「小さくても数で圧倒すればいいじゃない」と作ってしまいました。超電磁の名に相応しく、コイルと磁石の反発を利用したネギ振り機構は、単純ではあるが堅実で長時間の動作を可能にしています。
一人でコイルを延々と巻き続ける様が、目に浮かぶようです。苦労の末に完成した101匹のはちゅねは、見るものを圧倒し驚きと感動を・・・。話が長い。
特筆すべきは、ツリー型トポロジを採用したシリアル通信プロトコルでしょうか。少ないポートで数多くのはちゅねを制御しているそうです。
さすがはLSI設計のプロ。匠の技が伺えます。



blog_20081110-17.jpg
撮影できますPの「NEGIBATAKE」プロジェクト成果物。

自作音源で自作曲を演奏してみた_半導体娘計画【新番組】、がニコニコ動画デイリーランキング上位に一週間近く残っていたのは記憶に新しい。しばらく見ないうちに16万再生を突破しています。
こちらもアルテラマスターPと同じく、秋月カラーLCDを制御する専用回路をFPGAを載せて設計しています。ただ、こちらはXILINX派のようです。



blog_20081110-16.jpg
ksasao氏の初音ミクテルミン。

光学式の近接センサー?を2つ使用して、手をかざすとミクが歌います。
ミクの絵が良いですね。ご自分で書かれたのでしょうか?表情がころころ変わる様は、見ているだけの人も楽しめます。
写真を見てから気がついたのですが、ミクの背景に写真を取り込んでいるようです。窓を背にしているため、夕刻になると合わなくなってきました。ARToolkitを使っても面白いかも。


写真を撮り損ねた作品がいくつかあります。
strv氏のレポートにも写真が多く掲載されていますので、そちらもご覧ください。→リンク



明日は、ニコニコ技術部以外の展示物を紹介します。(詳細不明な物や、圧倒的に写真が不足していますが)



出品のお知らせ
ヤフーオークションに、ニキシー管時計を出品しました。
終了日時は、次の日曜日11月 16日 22時 47分です。

blog_20081112-1.jpg

tag : MTM2 ニコニコ技術部

Make:Tokyo Meeting 2 (MTM2)無事終了! レポートその1

レポートは3日かけて掲載します。
1日目はニコニコ技術部ノンジャンル班
2日目はニコニコ技術部ネギ振り班
3日目はニコニコ技術部以外の展示を紹介します。



blog_20081110-2.jpg
昼の12時ごろ。ニコニコ技術部ブース周辺は常にこのような状態。一時はもっと凄かった。



残念な残念なニキシーオーディオアナライザとニキシー管時計。


10月8日土曜日、八王子にある多摩美術大学にてMake:Tokyo Meeting 2が開催された。
前回よりも大規模になり、展示側(Maker)は倍の60組、一般来場者が1200名以上でした。(主催者発表)
あまりにも沢山の方々とお話したので、もっと多く来ているように感じていたんですが、そうでもないようです。


私もニコニコ技術部員として、野尻先生率いるノンジャンル班に参加しています。
かの有名なミク自転車(ユウタ氏)や、また御社かwのtap氏、超高性能ゆっくり(chakki氏)、秋月カラーLCDの制御FPGA(アルテラマスターP)、はちゅねミク専門レーザー焼印機(AHO氏)、VFDスペアナ(HONET氏)がグループメンバーでした。
どれもニコニコ動画デイリーランキング上位に掲載された、超有名うp主ばかりが名を連ねています。

その他、飛び入り参加の方もいました。


私のニキシー管時計はいつもの展示品なのですが、今回さらにニキシーオーディオアナライザを出展することになっていました。ところが、当日朝に順調に動いたことを確認し、準備が整ったところで馬鹿なことを考えてしまったんですね。
朝の7時半になるまで、時間があったのでディレイ機能を追加しました。これを試してみようとしたんです。で、書き込んでみると動かない。あー、突貫で作ったものじゃ駄目か・・・、とバックアップしていた動作確認済みのデータを書き込むと、ベリファイエラーが出た。
ここで焦る焦る焦るな・・・、接触不良だろう、といろいろ試しても直らない。挙げ句の果てに、オールプロテクトの文字が表示される・・・。終わった。このdsPICは二度と使えなくなりましたとさ。
なにやってんでしょうね、私は。ああ、恥ずかしい・・・。
期待してくださった方、申し訳ございませんでした。

それと、修理のためにガス式半田ごてを貸してくださったstrv氏に感謝。予想以上に使い勝手が良かったので、私も購入しておきました。その話は後日。


さて、贖罪したところで、ニコニコ技術部の展示物を写真で紹介しましょう。順番は適当です。
写真を撮る時間を逃したため、掲載されていないものもあります。ご了承ください。
まずは、ノンジャンル班から。


blog_20081110-4.jpg
野尻先生の究極機械「歌いません」
単純なのに、予想もしない動きを魅せるこの機械。来場者の方に一番受けが良かったように思います。はちゅね人形がわざわざスイッチを閉じに出てきて"バコン"と戻る様に、子供から大人まで驚きと笑いが絶えませんでした。

右が、VDF(蛍光表示管)ディスプレイを使った、オーディオアナライザ。
それ自体は、オーディオ信号のスペクトルや時間波形を表示するだけなのですが、加速度センサーによって傾きを検知し、それらの表示を滑らかにスライドさせる、プロの技が光る装置です。さらに単純化はちゅねを200匹表示させる機能付です。


blog_20081110-6.jpg
左奥に見えるのが、はちゅねミク専門レーザー焼印機です。
1W級の赤外波長半導体CWレーザーで、模様を描きます。当初予定していたドーナツへの描画は、表面の凹凸によって焦点距離が合わず失敗。木板への描画はうまくいっていたようです。なによりも、簡単な材料で、CNC機構を作り上げるセンスが素晴らしい。精度を出して、しっかりした機構を作らなきゃ駄目だよ、という考えにとらわれず必要十分な機構で機能を実現する発想に拍手です。

真ん中の青く光るこなたは、strv氏による展示品。
アクリル板をフライス加工して、その溝に光を反射させることで模様を表示します。私も同じ加工機を使用していますが、アクリルは熱的に加工困難な素材です。冷却油をドバドバ使用すれば加工できますが、掃除が非常に面倒。それを冷却なしに加工できるように刃物と切削条件を工夫しているそうです。私もそのノウハウを知りたい。教えてください!

右側にあるのは、レーザースピログラフという展示物。
3枚のミラーを傾けて配置し、それらにレーザーを反射させる。ミラーだけを回転させるとリサージュのような図形が描かれます。レーザー関係の展示物はカッコイイですね。


blog_20081110-5.jpg
こちらは、毎度おなじみのアルテラマスターPの展示物。
秋月の300円カラー液晶のフレームバッファをCPLDで設計して、実用レベルの回路を構成したのはこれが初めて。写真は、携帯FPGA機器として開発された充電池2本で動く回路。電源系や制御系の設計は、まさにプロならでは。


blog_20081110-8.jpg
ミク自転車。ニコニコ動画デイリーランキングに長く居座った、超有名な作品です。
その動きは、フィギュアとは思えないほどの完成度。外部動力でフィギュアを動かすという逆転の発想を提起した貴重な作品です。村●製●君への挑戦として、大きな話題を呼びました。
なお、ローアングルからの写真は自主規制につき、掲載出来ません・・・。あしからず。


blog_20081110-12.jpg
柿太郎氏の、しゃきねめ~このペパクラ。かわいいです。


blog_20081110-11.jpg
超高性能「ゆっくりしていってね!!!」ロボット。
こちらも、ニコニコ動画デイリーランキング上位に掲載された作品です。ネットワーク経由で走行させたり、しゃべらせることができます。さらに、カメラ画像を携帯電話に送ったり、侵入者を自動追尾する機能まで搭載されている。さらにさらに、頭部に備え付けられたプロジェクタ装置によって、ゆっくりしていってね!!の映像を射影できるという優れもの!どうでしょうか、一家にいt(ry。
どこかのレポートに、このゆっくりが戦車に乗っている映像を見かけました。なんと軍事転用かn(ry


blog_20081110-10.jpg
そして最後に、「また御社かww」で有名なtap氏の物販コーナーです。
あのミク皿欲しい!という人が大勢いました。非常に良いできなんです。写真には写っていませんが、また御社かw弾幕タオルを1枚購入させていただきました。

tap氏には日頃忙しい中、ニコニコ技術部のアーチ型看板や、はちゅねミク受付嬢などの大型設備を製作、設営していただきました。また、朝の7時半からドーナツの搬入のために、私を迎えに来てくださいました。あらためて、感謝と共にお礼申し上げます。



あと、写真には写っていませんが、フリスクPの展示物もありました。手乗りムスカ、これもウケがよかったです。最後の方には、リードスイッチ(磁石スイッチ)が磁化してしまい、LEDが尽きっぱなしになるトラブルも。
そして、娘さんにはコーヒーを入れてもらったり、ドーナツを配ってもらったりと、お世話になりました。いや、ほんとに良いお子様ですね。フリスクPが父親なだけありますw。終始はちゅねミクの絵を描いていました。ああ、最強の作品はここにあったのか・・・。


なんと!ニキシーオーディオアナライザの動作していたときの写真が、strv氏のレポートに掲載されています。ありがとうstrvさん!
これで、動いていた証拠が(ry





つぎはネギ振り班のレポートです。(明日)

Make: Tokyo Meeting 2 前夜。準備完了!




明日8日土曜日はMake: Tokyo Meeting 2 です。(MTM2)
ニコニコ技術部 ノンジャンル班の一員として参加します。物販を行う予定で、卓上ニキシー管時計の回路のみを5セットのみ販売します。価格:8000円

たったの5セット、これだけでも丸一日かかりました。動作チェックまで含めて、一人でやるのはちと辛い。部品だけで販売出来れば良いのですが、さすがに0.2mmピッチの面実装部品が確実に半田付け出来ないと困るので、やっぱり無理。それに、組み立て説明書を作るのは非常に骨の折れる作業ですから。

今回、ニキシー管そのものは販売しません。在庫切れです。ですから、The-Menzというグループの方に販売をお願いしています。あちらもニキシー管の時計を作っていて、ロシアからIN-16とIN-12を輸入して販売するそうです。輸入が間に合っていれば良いのですが・・・。


それと、ニキシーオーディオアナライザがようやく動きました。所々怪しいところがありますが、何とかみれる状態になっています。
ニキシーバーグラフ管の応答速度が想像していたよりもずいぶんと速いため、動きの速い音だと点滅して見えます。本当ならば、立ち上がりを一瞬に、立ち下がりに1秒ぐらいかけた方が良いです。
さすがにディレイ機能の実装は間に合いませんでしたが、それっぽく見えるのでよしとしましょう。


あと、野尻先生が参加者にコーヒーとドーナツを提供したいそうで、1万円分のドーナツ購入を仰せ使いました。なんでも1回目のMTMの時から考えていたとか。
グループメンバーのレーザー焼き器でドーナツにミクを書けるかも。

ミスドに朝の7時半に1万円分お願いしてもいいですか?と電話してみたところ、上司と相談してみます・・・とつれない返事。さすがに開店30分で100個は無理ですかね。どうなることやら。


blog_20081107-2.jpg

今夜の夜行バスで、大阪から横浜へ向かいます。到着時刻は5時47分。速すぎるだろorz。


それでは、現地でお会いしましょう。
カレンダー
10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
なかのひと
なかのひと
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。