スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有機ELの電源ICと利用方法


「LM4510」 National Semiconductor データシート

blog_20081028-2.jpg
「TPS61140」 Texas Instruments データシート

先日、有機ELディスプレイの16.5V電源について書きました。その後、いろいろと調べてみると、有機EL用のDCDCコンバータICが各社から発売されていることがわかりました。入手性と価格から絞り込まれたのが上記2種の電源ICです。

どちらも、ダイオードを省略することができる上に、パッケージサイズも3mm角と非常に小さいです。また、推奨インダクタンスとキャパシタが小さい割にはリプルが少なく、実装面積の上でも有利です。

気になる価格は、
「LM4510」499円@1個 378円@25個
「TPS61140」315円@1個 252円@25個
と、結構なお値段です。

LM4510は、有機ELをリチウムイオンバッテリ1セルで使用することを想定した、昇圧スイッチングレギュレータICです。同期整流型で効率が高く、最大効率は85%です。
同期整流とは、ダイオードをMOSFETに置き換えて駆動させる回路です。ダイオードの順方向電圧よりもMOSFETの飽和電圧の方が低いので、効率が高くなります。
ただし、データシートのグラフでは低電流時に効率が0%に近づくようです。
参考資料:同期整流型/ダイオード整流型の比較

TPS61140は、LM4510と同じように1セルのバッテリで有機ELディスプレイを動かすことを目的としたレギュレータICです。電圧出力と電流出力で2統系の出力を持っています。
電流出力は6個直列のLEDを駆動可能。さらに外部からPWM信号を入力することにより、電流を制御することができます。有機ELとメインディスプレイやキーパッドのバックライトに使うことを想定しているらしいです。有機ELに使う16.5Vの電源は、電圧出力から取り出すことになります。
こちらのICはPFM(パルス周波数変調)を採用しているので、1mAの出力でも75%の効率を維持するそうです。

値段で言えばTPS61140でしょうか。それでもコストは上がります。今回は研究目的ということで何でも採用しますけどね。



ここまでで、有機ELディスプレイの利用方法は全く考えていなかったのですが、せっかくですからいろいろと面白いデバイスを載せてみましょう。
1.microSDを載せる。(秋月:ヒロセ・マイクロSDカードコネクタ
2.当然FATに対応すべき。システムの都合上、リアルタイムクロックもいるね。(digi-key:RX-8581SA
3.せっかくだからMP3のチップを載せよう。 (秋月:MP3デコーダ VS1011e
4.再生中は、スペクトル表示させる。外部入力もあり。 (FFTアルゴリズム)
5.加速度計も載せよう。 digi-key:MMA7260QT
6.リチウムイオン電池でポータブル化しようか。 (Xacti用750mAhセル)
7.USBから充電させるチップを見つけたから載せよう。 (digi-key:LTC4085EDE
8.電池使うなら、残量表示が欲しい。バッテリ残量計IC見つけた。 (digi-key:BQ27200DRKR
9.温度計もいいね。 (digi-key:SE95DP-T

夢がひろがりんぐ。
でも面積的に全部載るのかい?
スポンサーサイト
カレンダー
09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
なかのひと
なかのひと
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。